実生活とストレス

ストレスは精力減退に結び付きます。

もちろんイライラや人間関係、仕事による圧迫もそうですが、
吸収している空気や食事もストレスに含まれます。

例えば、排気ガスもそうです。
無意識で吸収していますが、
体内ではフィルター機能がしっかりと働き、
その毒を全身に巡らせまいと血管を細くし、
血流を悪くすることで酸素の運搬も悪くします。

これは喫煙にも言えます。
むしろ喫煙の方がダイレクトに影響します。
たばこを吸うことでより血流が悪くなり、それによりフラフラするのです。

では食事でストレスというとどういうものがあるでしょうか。

そう、添加物です。

添加物は科学的な根拠による懸念材料は見られません。
しかし、その消化には肝臓に負担をかけると言われているため、
あまり取りすぎることは良くありません。

もちろん、現代社会で全く添加物を摂らずに生きて行くことは
まず不可能ですので、できる限り控えた方が良いでしょう。

ではこのようなストレス達はどうなるのか。
という事ですが、体内の白血球がしっかり排除してくれます。

しかし、その際に活性酸素が発生し、身体が老化してしまうのです。

現代ではうっすらと有害物質を吸収しながら生きているようなものですので、
しっかりと対処したいものですね。

↑ ページの上部へ